「目標は甲子園でも、目的は野球を通じて社会で通用する人間になること」/ 八戸学院光星 仲井宗基監督

高校野球はあくまでも、教育の一環であるため、勝つことや日本一が目的となってはならない。

野球を通じて、礼儀作法をはじめ、仲間と協力することの大切さや努力の重要性などを学ぶことが求められている。

しかし、野球の上達を目指して入学してくる選手たちに、教育の部分を理解してもらうことは容易ではない。

また、勝利と並行して人間教育を行うことも、指導者にとっては簡単なことではない。

そんな課題を克服するために、自らの指導方法をアップデートし続け、野球と教育の両立を実現しているのは、八戸学院光星を指揮する仲井宗基監督である。

仲井監督は、高校野球史に名を刻む、甲子園3季連続準優勝を成し遂げていることから、野球の指導力が注目を集める。

だが、野球の上達や、その後の社会生活での活躍には、人としての成長が必要であるという持論から、最も拘っているのは、人間教育である。

かつてはグラウンドばかりに目を向けていたが、学校や寮生活などの時間にも、成長できるチャンスがあるとして、伸ばせる部分は伸ばすようにしている。

野球で結果を残して満足するのではなく、一人前の人間を育てることを常に意識する仲井監督から、今後も目が離せない。

八戸学院光星の記事はこちら。

【関連】青森山田の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です