「計画的な準備が勝負を決める」/ 八戸学院光星 仲井宗基監督

人生というものが、思い通りに進まないように、何かしらに挑戦した際に、トラブルやアクシデントはつきものであ。

例え、入念にシュミレーションをしていても、実際に行動してみなければ、分からないことも多いため、完璧に防いだり、回避することはできない。

 しかし、行き当たりばったりでチャレンジしていては、成功の確率が高まることは、決してない。

情報を集めたり、必要なスキルを身につけるなど、できる限りの努力を尽くさなければ、良い結果にはたどり着けない。

そんな考えから、八戸学院光星を指揮している、仲井宗基監督は、準備力の大切さを説いている。

仲井監督は、雪のハンデを乗り越えて、甲子園3季連続の準優勝へ導いたことを筆頭に、幾多もの輝かしい実績がある。

そうした結果を残せている最大の要因は、常に全国レベルをイメージした、徹底的な準備力にある。

漠然とした目標を立てさせるのではなく、目的合わせて逆算し、計画的に進めいくとこを求めているのだ。

その結果、日々成長することができ、チームは、全国でも勝ち進むことができているのだ。

八戸学院光星の記事はこちら。

【関連】青森山田の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です