「指導者が成長しなければ、チームは絶対に成長しない」/ 花咲徳栄 岩井隆監督

野球だけでなくスポーツでは、どんなに優れたコーチや監督が指導をしても、プレーをする選手たちにやる気や技術がなければ、成長することや結果を残すことは難しいものである。

しかし、やる気も技術もある選手たちが揃っている場合に、上手く力や良さを引き出すような指導技術のないコーチや監督が教えていては、当然成果は得られない。

そのため、指導者という立場の人には、選手たち以上の努力や勉強をすることが求められており、大舞台では指導者の力の差が明暗を分けることもある。

そうした現状を理解し、全国制覇という大きな結果を残してもなお、日々、選手たち以上に努力や勉強に励んでいるのは、花咲徳栄を指揮している岩井隆監督である。

岩井監督は、試合での戦術や技術の指導方法だけでなく、どのようにすれば選手たちが持っている力を発揮できるかなど、メンタル面の指導方法についても学び続けている。

また、野球のコーチや監督としての肩書きにとらわれず、あくまで一人の教員として、選手ではなく生徒として接し、野球人としてではなく人として育てることをモットーとしている。

チームの成長のために、まずは自らが手本となるように誰よりも鍛錬を重ねる岩井監督の姿こそ、名将と呼ぶのに相応しいのかもしれない。

↓岩井隆監督の記事はこちら↓

花咲徳栄の記事はこちら。

【関連】浦和学院の記事はこちら。

【関連】森士監督の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です