「高校野球は技術指導と並行して、生徒指導を考える必要がある」/ 早鞆 大越基監督

高校野球はあくまでも教育の一環であるため、甲子園や日本一など、勝つことだけにとらわれてはならない。

しかし、学校をあげて野球部に力を入れているチームでは、勝利を追求しているケースが多い。

また、結果を出すことで給与を貰っている職業監督や実績のある指導者は、周囲からの声もあり、自然と勝つことを優先してしまっている。

そうした高校野球の課題を解消するために、早鞆高校を指揮している大越基監督は、野球と生活指導の両立を目指している。

大越監督は選手時代に、夏の甲子園準優勝を経験してることに加え、プロ野球で活躍した実績も持っている。

そのため、早鞆高校へ就任した際には、世間や選手たちからは、高いレベルの技術指導が期待されていた。

だが、技術をどれだけ育てても、人間性の部分が弱ければ、成長に限度があり、結果も出ないという持論から、人間教育の部分にも力を入れている。

特に、ベンチ入りメンバーやスタメンを決める際には、技量や実績以上に、人間性を基準の一つとして設け、野球だけの人間を育てないようにしている。

野球だけでなく、人生でも栄光を掴めるように、野球の監督はなく教育者として接する大越監督早鞆に期待したい。

早鞆高校の記事はこちら。

【関連】下関国際の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です