「監督が指示すると、生徒の状況判断能力に壁を作ってしまう」/ 弘前学院聖愛 原田一範監督

ある程度の結果を残している指導者の元には、その教えを受けようと、多くの人が集まる。

成長だけでなく、成果を得られることが期待できるため、その指導に忠実に従うようになる。

しかし、人からの指示で動く癖をつけてしまうと、自分自身で考えたり、判断できなくなってしまう。

そのため、指導者は、教えるばかりではなく、持っている能力を引き出す指導が、求められている。

そんな考えから、弘前学院聖愛を指揮している原田一範監督は、極力、口を挟まないようにしている。

野球というスポーツでは、試合で監督からのサインにより、動くことも少なくないため、自然と指示を待つ傾向にある。

だが、試合では、監督の指示では対応できない場面もあるとして、原田監督は、日頃の練習から、自分たちで考えて動けるようになるよう促している。

そうすることで、試合でも、状況に応じた適切な判断ができ、負けにくいチームが作られるようになるのだ。

教えない教えで、思考力や判断力を伸ばす原田監督に導かれ、弘前学院聖愛は、更なる飛躍を目指す。

弘前学院聖愛の記事はこちら。

【関連】青森山田の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です