「普段やっていることを、いかに普段通りに自分らしくできるかが重要」/ 広島新庄 宇多村聡監督

高校野球における公式戦では、負けが許されない戦いがほとんどであるため、独特の緊張感が試合にはある。

特に、甲子園をはじめとした大舞台では、大観衆の声援や周囲からの期待が、プレッシャーとなる。

そのため、日頃の練習ではできている、ごく当たり前のプレーでミスをしたり、普段の自分では考えられないような失敗をしてしまうケースもある。

そんな事情を踏まえ、広島新庄を指揮する宇多村恥監督は、メンタル面の強化を重視している。

宇多村監督は、選手時代に甲子園の土を踏むも、その偉大さや凄さに圧倒され、思うような結果を残せなかった経験を持つ。

そこで、教え子たちに同じ思いをさせないように、どんな状況や場所でも動じることなく、ベストが出せるような、心の強さを身につけさせている。

また、一人では空気に飲まれてしまうこともあるため、チームワークで助け合うことの大切さを伝え、全員野球のスタイルを確立している。

上手さばかりを追求せず、強い人やチームを作るスタンスの、宇多村監督率いる広島新庄から、今後も目が離せない。 

広島新庄の記事はこちら。

【関連】広陵高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です