「負けてあきらめることが、一番の負け組」/ 池田 岡田康志監督

人生では、思い通りに進まないことが多いため、 勝利や成功よりも敗北や失敗を経験する。

その度に私たちは、辛さや苦しさに耐え兼ねて、目標を妥協をしたり、楽な道へ逃げたりと、諦めることを選んでしまう。

しかし、諦めてしまえば、勝者になる可能性や、成功を掴むチャンスは、確実に減ってしまう。

例え敗北を喫したり失敗をしても、その経験を糧に努力に励み、チャレンジを続けなければ、栄光へはたどり着けない。

そんな考えから、池田高校を指揮していた岡田康志監督は、失敗の後を無駄にしないように、選手たちにだけでなく、自らにも促していた。

岡田監督は、池田高校を全国トップレベルの強豪校へと育て上げた、名将、蔦文也監督の後継者として就任するも、結果の出ない時期が続き、周囲からは、指導力を批判する声も少なくなかった。

だが、岡田監督は、負けたことにより、挑戦を諦める方が、敗者であるという蔦監督の教えをモットーに、決して弱音を吐いたり途中で投げ出すことはしなかった。

そして、自らの諦めずにチャレンジする姿勢を選手たちに見せ、諦めないことの大切さや挑戦することの素晴らしさを伝えた。

どんな結果になろうとも、諦める理由を探すのではなく、チャンスを見つけて果敢に行動を起こすスタイルは、池田高校の伝統として、これからも受け継がれていく。

池田高校の記事はこちら。

【関連】鳴門高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です