「重圧を背負うのは指導者だけでいい」/ 池田 岡田康志監督

我が国において高校野球は、春夏の風物詩となっていることもあり、国民的人気を誇るスポーツである。

従って、現在は甲子園から遠ざかっていても、過去に全国で活躍していたチームは、名門として捉えられ、注目を集め続ける。

しかし、過去の栄光による過度な期待は、現代の選手たちにとって、大きなプレッシャーとなる。

緊張や重圧は足枷となり、プレーをする際に、本来の力を発揮できないなど、マイナスに作用する。

そうした事情を踏まえ、池田高校を指揮していた岡田康志監督は、選手たちのプレッシャーを取り除くことに力を注いでいた。

池田高校は、名将、蔦文也監督の時代には、春夏合わせて3度の全国制覇を成し遂げでいる、高校野球界を代表する名門である。

そのため、低迷期であっても、県大会を勝ち進めば、全国各地から多くの期待が寄せられ、選手たちの重荷となっていた。

そこで岡田監督は、どんなに周りの声があっても、選手たちには、過去と比較するのではなく、目の前の試合に集中することだけを求め、重圧は自らだけが背負い、一人で処理していた。

その結果、選手たちはのびのびとプレーができ、重圧によって敗れることがなくなったのであった。

池田高校の記事はこちら。

【関連】鳴門高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です