「自分たちの力を発揮できるような質の高い練習をしていかないと、取りこぼしが出る」/ 九州国際大付 楠城徹監督

スポーツの世界では、技術の高さや低さ、能力の有無などが、勝敗に大きく影響する。

しかし、力があるからといって、それだけで勝ち続けられるほど、勝負の世界は甘くはない。

試合では、独特の緊張感や、周りからのプレッシャーなどがあり、持っている力を発揮できないケースがあるからだ。

そのため、日々の練習から、どんな状況にも動じることなく、ベストを出せるように、しておかなければならない。

そんな考えから、九州国際大付属高校を指揮している、楠城徹監督は、試合のための練習をするように促している。

楠城監督は、プロの世界で活躍した経験もあり、その際に学んだ、最善を尽くすための準備の大切さを伝えている。

練習では、自分のスキルアップのためだけに時間を使うのではなく、試合でも発揮できる技と精神力を身につけさせている。

練習のための練習ではなく、試合を意識した練習をすることで、質が高くなるだけでなく、試合当日にも、落ち着いてプレーできるようになるのだ。

内容の濃い練習で、日々成長し、試合で動じないプレーができるところが、九州国際大学付属の強さなのだろう。

九州国際大学付属の記事はこちら。

【関連】筑陽学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です