「中途半端でいい加減なことをしていると、絶対に結果はついてこない」/ 神村学園 小田大介監督

部の歴史は浅いものの、甲子園でも実績を残していることから全国レベルの強豪校として認識されている、神村学園

そんなチームの強さを継承し、更なるレベルアップを目指しているのは、小田大介監督である。

小田監督は、創部以来の伝統である鉄壁の守備を受け継ぐために、細かなカバーリング一つにも妥協を許さない。

また、試合で100回に1回起きるか否かのプレーに対しても、完璧を追求するなど徹底している。

何気ないことでもやり切る癖をつけなければ、結果が出ないという持論からである。

そのため、挨拶や学校生活などのグラウンド外のことにも真剣に取り組むように伝えている。

そして、中途半端な姿勢が見られた場合には、野球同様に注意をしたり指導を行う。

その結果、人として成長した選手たちは、野球に関することの飲み込みも早くなるのだ。

弱さや甘さを見逃さず、確実に進歩させていく小田監督に導かれ、神村学園は初の全国制覇を狙う。

↓野上亮磨選手の記事はこちら↓

神村学園の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です