「現状でできることに最善を尽くすことが大事」/ 神村学園 小田大介監督

世の中というものは、自分だけの世界ではないため、他人や置かれた環境というものと、共存していかなければならない。

だが、皆が皆、同じ価値観や考え方を持っているわけでもなければ、都合の良いことばかりが起こることもない。

つまり、誰かの言動や周囲の変化が、自分の行動や挑戦の妨げになってしまうことも、少なくない。

しかし、他人に責任転嫁したり、環境のせいにして言い訳をしても、結果が変わることもなければ、次のステップに繋がることもない。

そんな考えから、神村学園を指揮している小田大介監督は、目の前の物事に真摯に向き合うよう促している。

神村学園は、専用グラウンドや寮が整備されているなど、学校をあげて野球部の強化や支援が行われている。

しかしながら、時間の経過とともに、恵まれた環境が当たり前になり、ないものねだりをしたり、不満を持ってしまう選手も存在する。

そこで、小田監督は、現状に感謝することと、与えられた条件で結果を出すよう伝えるなど、常に謙虚とチャレンジ精神を持たせている。

その結果、大舞台で苦しい場面や劣勢な状況に陥っても、動じることなくプレーのできる、強いチームとしてのポジションを確立できるのであった。

神村学園の記事はこちら。

【関連】鹿児島実業の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です