「野球とは自分の気持ちを変えさせてくれるスポーツ」/ 金足農業 吉田朋広選手

1998年の県大会決勝で、球史に残る壮絶な打撃戦を制し、3年ぶりの甲子園出場を掴んだ、秋田県の金足農業高校。

当時、チームの主将と捕手を務めていたのは、好リードとシャープなバッティングが持ち味であった、吉田朋広選手である。

金足農業の記事はこちら。

吉田選手は、サッカーから転向する形で野球を始めると、中学では、創部史上初の県大会出場に大きく貢献したこともあり、高校は、強豪校の金足農業へと進学した。

しかし、入学後は陸上部並みのランメニューや、理不尽で厳しい上下関係に苦戦したことに加え、冬場に行われる伝統の心身ともに鍛える練習には、退部の二文字すらよぎった。

それでも、1、2年時には甲子園出場を果たせなかった悔しさを胸に、2年秋以降は、主将として自ら辛いメニューに率先して取り組んでいった。

迎えた最後の夏、前年の決勝で敗れた、ライバル秋田商業との試合は、序盤に6点リードするも、後半には10点差をつけられ、絶望的な展開となった。

だが、いくつもの過酷な練習を乗り越えてきた自信と、諦めていない仲間の存在が大きな力を生み、最終回には逆転し、劇的な甲子園出場を決めたのであった。

吉田選手の三年間は、諦めない気持ちが結果を変えることや、仲間を信じることが大きな力になることなど、甲子園以上の大切なものを見つけた時間でもあった。

【関連】吉田輝星選手の記事はこちら。

【関連】水沢博文選手の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です