「『教える=選手がうまくなる、チームが強くなる』というのは幻想に過ぎません」/ 慶應義塾 森林貴彦監督

物事が上手くいかなかったり、前に進まない時には、自分以外の人の意見に耳を傾けることで視野や考え方の幅が広がり、解決へ至ることも少なくない。

しかし、何かを教わることが解決に繋がるわけではなく、教わったことを自分のものにする努力や、自分なりにアレンジして身につけることなどもする必要がある。

そのため、指導者や教育者も教えることだけに力を注ぐのではなく、考える余白を残したり、努力に励みやすような環境を用意しておくことが求められる。

そんな考えから慶應義塾を指揮している森林貴彦監督は、極力指示を出すのを控え見守り役に徹し、選手たちの力を引き出すことに力を入れている。

高校野球で強豪校としての地位を確立しているチームは、自主練習は取り入れているものの、全体練習では指導者から練習メニューをもらっているケースが多い。

だが、森林監督は自ら課題を見つけ、解決のために試行錯誤をして結果を得た時の喜びが、成長につながるとして、選手たちに練習方法を考えさせるようにしている。

もちろん、間違った方向に進み結果を残せないなどの自主性のデメリットも稀に見られるが、そうした難しさにも学べるものがあるとして、ある程度のことには口を挟まないようにしている。

全国での実績や創部100年を超える伝統もある名門校ながらも、新しい指導や練習のスタイルを次々に取り入れ進化を遂げる慶應義塾は、これからも躍進を続ける。

↓森林貴彦監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「『教える=選手がうまくなる、チームが強くなる』というのは幻想に過ぎません」/ 慶應義塾 森林貴彦監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です