「困難や悔しさがあるからこそ、それを乗り越えることによって成長したチームや自分に出会える」/ 慶應義塾 森林貴彦監督

伝統と実績を兼ね備え、高校野球界屈指の名門校と称される、慶應義塾を指揮している森林貴彦監督

「自主性」を中心に、自立したチームを作り上げる手腕は、多くの指導者から定評がある。

そんな森林監督が重視しているのは、「エンジョイベースボール」という、長年受け継がれているチームのスローガンである。

この「エンジョイベースボール」は、試合の時だけではなく、試合までの過程も含めて楽しむようにと意味が込められている。

そのため、選手たちには楽しめる試合にするためには、課題や苦手の克服が必要であることも伝えている。

もちろん、強制していては選手たちの挑戦の楽しみを奪ってしまうため、指導は意見の提供やアドバイスに留めている。

それは例え、大きな壁に苦戦している場合であっても、敢えて答えや解決の糸口は示さない。

成長に時間がかかれど、自らや仲間とともに乗り越えることで、本物の力が得られたり最高の喜びに出会えるからだ。

野球を楽しめる環境を整えながら、選手たちを野球人としてだけではなく人としても育てる森林監督に導かれ、慶應義塾は新たな伝統を球史に刻む。

↓森林貴彦監督の記事はこちら↓

慶應義塾の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です