「野球は失敗するスポーツ」/ 健大高崎 青柳博文監督

野球で必ず起こりうる、「失敗」をどのようにカバーするか或いは、少なくするかを意識し、指導をしているのは、健大高崎を率いる青柳博文監督である。

青柳監督は就任当初、走攻守全てに力があり、ミスや隙のない完璧なチームを作り上げることに力入れ、無名の健大高崎を全国レベルに育てようとしていた。

しかし、練習環境が恵まれていなかったことに加え、厳しい練習について来れない部員が多く、理想と現実の差に苦戦を強いられていた。

また、完璧を目指せば目指すほど、選手たちのプレーに対してプレッシャーがかかり、思い切りの良さやのびのびした姿勢がなくなるといった、悪循環にも陥っていた。

そういった経緯から青柳監督は、指導スタイルを改め、結果に関係なく、一生懸命に取り組みながら挑戦する選手たちの姿勢を応援するようになっていった。

ミスに対して叱るのではなく、カバーし合える方法を指示したり、前向きなプレーであれば褒めることもするなど、選手たちのやる気を最大限引き出すようにしていった。

そんな失敗も計算した上で采配やプレーをするようになった青柳監督健大高崎は、名将と名門として称されるまでに成長を遂げたのであった。

↓青柳博文監督の記事はこちら↓

↓柘植世那選手の記事はこちら↓

健大高崎の記事はこちら。

【関連】前橋育英の記事はこちら。

【関連】桐生第一の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です