「分からないのに分かりきった動きをしていると隙になる」/ 駒大苫小牧 佐々木孝介監督

人は誰しも、失敗や敗北、簡単なことができないことに、恥ずかしさやカッコわる差を感じるものである。

従って、それを避けようと、挑戦するのをやめたり、誤魔化したりしてしまうことも多い。

しかし、間違ったことやミスしたことは、決してダメなことでもなければ、人生においての汚点でもない。

その場で正解を見つけたり、学習して次なるチャレンジへのステップにすれば、成功の一部と言える。

そんな考えから、駒大苫小牧を指揮している佐々木孝介監督は、目の前の結果より、プロセスを重視している。

佐々木監督は、選手時代に、 主将としてチームを、北海道勢初の甲子園優勝へと導いたキャリアを持つ。

その際、甲子園では、カッコ良さや上手さが目立つ一方、必ず最後に勝つチームではないことを学んだ。

そうした経験から、間違いやミスにはそれほど指摘をせず、その後にどのような行動をしたり考えを持つかに拘り、マイナスの結果で終わらせないようにサポートしている。

決して美しくはなくとも、泥臭く辛抱強く逞しく挑む、佐々木監督率いる駒大苫小牧が、新たな伝説を作ってくれるだろう。

駒大苫小牧の記事はこちら。

【関連】クラーク記念国際の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です