「チームのために身を粉にして頑張ってきた選手こそが大事だ」/ 興南 我喜屋優監督

春夏連覇を筆頭に、沖縄県の高校野球の歴史を作り続ける興南高校を指揮する我喜屋優監督

人間力を育て上げ大人のチームを作るスタイルから、野球の指導者ではなく教育者や人格者としても注目を集めている。

高校野球は国民的人気を誇るスポーツではあるが、あくまでも教育の一環という位置づけがある。

従って、多くの指導者は能力や技術が高いことだけでなく、努力に向き合う姿勢や日々の頑張りも評価対象に入れなければならない。

だが、強豪校と称されるようになれば、負けることのプレッシャーから、力のある選手を起用してしまうケースは少なくない。

しかし、我喜屋監督は技量を評価対象にすることなく、人間性でメンバーやスタメンを決める。

その姿勢は徹底されており、周囲から注目される有力で有名な選手であっても例外は許さない。 

その一方で、力が低くとも、懸命に努力に励む選手や自らを犠牲にして仲間を支える選手は必ず結果を残すとして起用している。

球児としてではなく一人の人間として接して育てる我喜屋監督に導かれ、興南高校は更なる躍進を目指す。

↓我喜屋優監督の記事はこちら↓

興南高校の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「チームのために身を粉にして頑張ってきた選手こそが大事だ」/ 興南 我喜屋優監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です