「感謝できたら怖いものはない」/ 広陵 中井哲之監督

自らの母校でもある高校野球界屈指の名門、広陵高校を指揮している中井哲之監督

強さをただただ維持するだけでなく、進化させ次々に結果を残していることから、技術指導に大きな注目が集まる。

しかし、中井監督が最も時間をかけて選手たちに伝えているのは、感謝の気持ちを持つことである。

広陵高校は寮や専用グラウンドが整備されているなど、野球に専念できる環境が整っている。

だが、世の中には恵まれない環境で野球をしている人や様々な事情で野球の出来ない人も存在している。

そうした事情から、中井監督は野球ができる現状や普通の生活ができる今ある環境に対して感謝が必要があると伝えている。

そのため、道具を粗末に扱ったり自己中心的なプレーなど、感謝の気持ちが足りない場合には、厳しく叱責する。

もちろん、叱られたり教えてもらった際にも、相手に対して謝るだけでなく感謝するよう求めている。

細部にまで感謝を徹底させ、中井監督はこれからも、野球人としてではなく一人の人間として選手たちを成長させていく。

↓中井哲之監督の記事はこちら↓

広陵高校の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「感謝できたら怖いものはない」/ 広陵 中井哲之監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です