「何事も決めた以上は徹底することが大切なんです」/ 前橋育英 荒井直樹監督

負ければ終わりのプレッシャーに加え、5万人近くの大観衆の声援による独特の雰囲気を持つ甲子園では、選手たちの本来の力を発揮することは難しい。

そんな甲子園の難しさを克服するために、力をつけさせるのではなく、力を発揮できるような準備をするといった、独自の指導スタイルを続けているのは、前橋育英を指揮す荒井直樹監督である。

荒井監督は、実力や身体能力など野球面では強豪校に劣る自チームと自らの采配を考慮し、時間厳守やゴミ拾いなどの日常生活の「当たり前」を徹底さることをモットーとしている。

一見、これらの取り組みは、野球の上達に繋がるようには思えないが、毎日徹底して続けることで、小さな成功体験自信が得られたりするといった、メリットがある。

また、ゴミを拾うことで視野が広がったり、時間を守ることで準備の大切さを学ぶなど、技術の支えとなる能力や考え方が身についている。

そして、公式戦の試合が行われる日も、例外なく恒例のゴミ拾いを行う徹底ぶりは、住民からの応援に変わり、やがては甲子園を味方にする力にもなってくのだ。

全国制覇を筆頭に、数々の実績を残してもなお、自身の指導哲学にぶれることなく貫く荒井監督前橋育英徹底力は、凡人の域ではないことは確かだ。

↓荒井直樹監督の記事はこちら↓

↓荒井海斗選手の記事はこちら↓

↓高橋光成選手の記事はこちら↓

前橋育英の記事はこちら。

【関連】健大高崎の記事はこちら。

【関連】桐生第一の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です