「結果が出た後にどんないいアドバイスをしても何の役にも立たない」/ 松山商業 大野康哉監督

夏の甲子園で圧倒的な強さを誇っていることから、「夏将軍」の異名を持つ愛媛県の松山商業

甲子園史上初の決勝戦引き分け再試合で優勝を飾ったり、奇跡のバックホームで激闘を制するなど、幾多の記録にも記憶にも残る名勝負を繰り広げている。

そんな松山商業を指揮しているのは、愛媛県内のいくつもの公立高校を率いて、数々の実績を残た経験を持つ、大野康哉監督である。

大野監督は、低迷期を迎えていた松山商業の復活と再生を託されて、就任することとなった。

高校野球界を代表する名門校故に、オールドファンや世間からの期待や注目は高く、プレッシャーのある中でのスタートとなった。

それでも、伝統を継承しながら、自らの指導キャリアで培ったノウハウを加えて、期待に応える活躍を見せている。

また、昨今、スポーツ界では、自主性を尊重した指導方針が多い中で、大野監督は敢えて、細かく指導をしたりアドバイスを送るようにしている。

もちろん、自主性を否定する訳ではなく、考える力を養わせたることはしているが、伝えるべきことを伝えきれずに失敗や敗戦を経験させてはいけないとして、積極的に声をかけるようにしている。

いつの時代も甲子園を沸かせてきた松山商業が、令和の時代にも飛躍するために、大野監督の指導はこれからも続く。

松山商業の記事はこちら。

【関連】済美高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です