「古豪なんて言われても、なんの得にもなりません」/ 松山商業 大野康哉監督

高校野球は、春夏の風物詩として国民から認識され、多くの人々から愛されているスポーツである。

そのため、甲子園に出場すると、翌年以降は、強豪校として注目を集め、その戦いに期待が寄せられる。

仮に、長年全国の舞台から遠ざかっていても、過去に実績を残していれば、古豪と称され、ファンからは復活を待ち望む声が届く。

しかし、過去の実績がどれだけ優れていても、現在のチームのセーフティーリードになることはない。

そんな考えから、松山商業を指揮している、大野康哉監督は、過去の栄光に頼らず、現状に向き合っている。

松山商業は、記録にも記憶にも残るような好ゲームを、高校野球の聖地、甲子園で幾多も見せている。

しかし、大野監督が就任した時には、平成の中期を最後に、甲子園から遠ざかり、県や地区大会で苦戦を強いられている状態であった。

そこで大野監督は、古豪というブランドを捨て、新生、松山商業を作り上げることを目指し、細部から見直しを行い、改善に努めている。

OBやオールドファンから、期待や注目が集まる中でのスタートにも動じず、チームに新しい歴史を作り続ける大野監督に導かれ、松山商業が復活を遂げる日は近そうだ。

松山商業の記事はこちら。

【関連】今治西の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です