「監督が勝ちを焦ったら負ける」/ 明秀日立 金沢成奉監督

勝負事では、最後の最後まで何が起こるかわからないが、ある程度の優勢の状態になると、心のどこかで勝利を確信したり、気持ちが浮ついたりしてしまう。

しかし、どれだけ相手と差があっても、試合終了の合図までは勝利が決まったわけではないため、過信をすると隙となり、逆転を許したり敗れてしまうきっかけを作ってしまう。

もちろん、そうした条件は実際に戦っているプレーヤーや控え選手などだけでなく、指揮する監督にも当てはまっているため、勝つためには全員の油断を取り除くことが求められる。

そんな考えから明秀日立を指揮している金沢成奉監督は、チームに僅かなほころびを生じさせないように選手だけでなく、自らにも厳しくあり続けている。

金沢監督は、光星学院明秀日立を全国レベルの強豪校へと育て上げていることに加え、教え子を何人もプロの世界へ輩出しているため、名将と称されることも多い。

だが、そうした世間の声や過去の実績ばかりを信じて、新たな努力や勉強を怠れば、成長は止まり後退してしまうと考え、向上心を忘れることはない。

また、試合の采配においても相手チームの力や自チームの勢いに左右されるのではなく、目の前の一球で結果を残すための最善策を考えるなど、何事も疎かにしないようにしている。

選手たちに進むべき方向を言葉ではなく行動で示し、小さな隙や油断を見せないよう努力を続ける金沢監督の全国の頂点に向けての挑戦から、今後も目が離せない。

↓金沢成奉監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「監督が勝ちを焦ったら負ける」/ 明秀日立 金沢成奉監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です