「技術うんぬんより、大事なものがある」/ 三重 中村好治監督

高校野球を経験する選手たちや指導者は、誰しも一度は、聖地である甲子園球場という場所に憧れを抱いたり、目標として目指すものである。

そのため、勝つことや活躍することにばかり注目し、技術を鍛えたり戦術を身につけることに専念するが、高校野球が教育の一環であることを忘れてはならない。

野球を通して、チームスポーツの難しさやすばらしさ、目標に向かって努力することの大切さなど、あらゆることを学ぶことこそが、高校野球の本来の目的である。

そんな考えから、三重高校を指揮していた中村好治監督は、甲子園や勝つこと以上に、高校野球の楽しさや本来の意義などを伝え、指導を行っている。

中村監督は、就任から半年足らずで夏の甲子園準優勝へ導くなど、優れた実績を残していることから、技術や戦術の指導が注目されることが多かった。

しかし、高校野球は甲子園が全てではないという持論から、選手たちの人間性を育てることに力を入れたり、勝つためだけの野球を教えることはしていなかった。

もちろん、選手たちは日本一や全国出場といった高い目標を志して入部をしているため、勝つことを諦めることはしなかったが、人間教育という高校野球本来の目的を果たすことを優先していた。

勝負師でありながらも、野球を教育の手段の一つとして、人を育てることを大事にする、中村監督のスタイルは、三重高校の伝統としてこれからも受け継がれていく。

↓中村好治監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です