「苦しい試合を勝ち抜かないと頂点はない」/ 札幌第一 菊池雄人監督

スポーツでは、どれだけ練習や努力を重ねて力をつけても、試合では緊張やプレッシャーなどによって、思うようにそれを発揮できないことも多い。

そのため、頑張っても報われないものと考えてしまい、練習や努力に励むことをやめてしまったり、試合時にも直ぐに妥協をしたり諦めてしまう。

しかし、困難に屈することなく、前に進み続けていくことで、その先にいる成長した自分に出会えたり、望んでいた成果を手に入れられることができる。

そんな考えから札幌第一を指揮している菊池雄人監督は、目の前に訪れる苦労は、甲子園出場や全国制覇のために必要な試練であると伝え、指導を行っている。

菊池監督は、思い通りに進まない野球の試合を制するために、日頃の練習から苦手としていることを乗り越えて、強い精神力を身につけることを求めている。

もちろん、監督からの指示で練習に励んでいては、精神面が鍛えられることもなければ、技術や能力が向上することはないとして、基本的には自主性に委ねている。

だが、全てを選手に任せていては、生産性のない練習になってしまうこともあるため、 メニューの組み立てや理論の解説は丁寧に行っている。

頂点を目指しながらも、試合や大会だけでなく、監督のサポートを受け、日々の練習で自分との苦しい戦いを制して成長を続ける札幌第一から、今後も目が離せない。

↓菊池雄人監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です