「野球は監督がやるもんじゃない、選手がやるんだ」/ 日本文理 大井道夫監督

野球というスポーツでは、一球ごとに状況や場面が変わるため、それに応じた作戦が必要となる。

そのため、何気ない変化を選手たちが見落とさないように、監督を初めとする指導者がサポートすることは多い。

しかし、指導者に頼りきった野球をしてしまうと、指示や声の届かない場所では、力が発揮できないチームになってしまう。

そんな考えから、日本文理を率いていた大井道夫監督は、選手たちを自立させることを目指しながら指導を行っていた。

大井監督日本文理の指導者に就任した当時の新潟県勢は、「全国では勝てない」と称されていた。

半年近く雪の影響により、外での練習ができないことで、実践感覚や練習量が他の地域より劣るとされていたからだ。

だが、大井監督は、雪のハンデが原因ではなく、選手たちが指示待ちになっていることが、他の地区より弱い理由と考え、日頃の練習から選手たちに考える癖をつけさせた。

当初は、仲間同士で声をかけあったり、個人で状況判断をしてプレーすることに苦戦をしていたが、チームの伝統になるにつれ、次第に監督に頼らない野球が実現できるようになっていった。

その結果、新潟県の高校野球史を次々と塗り替える、数々の結果を残すなど、全国レベルの強豪へと成長したのであった。

日本文理の記事はこちら。

【関連】新潟明訓の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です