「うまくなりたいんだったら自分でやるしかない」/ 日本文理 大井道夫監督

スポーツの世界では、弱小チームを強豪へ導いたり、初心者を名選手に育て上げるなど、優れた指導力を持つ者がいる。

そうした指導者の元には、将来の夢を叶えられると期待した人たちが、教えを受けようと集う。

しかし、どれだけ優れたコーチング技術があっても、それに甘えたり、人任せにしてはならない。

自分自身で努力や試行錯誤をした上で、指導者からのアドバイスをもらってはじめて、その教えが効果をもたらす。

そんな考えから、日本文理を指揮していた大井道夫監督は、指導者に依存しないように促していた。

大井監督は、選手と指導者のいずれでも、甲子園で活躍していることから、その知名度は高く、その教えを乞うために、全国から選手が集まっていた。

だが、自らの意志がなく、指導者に頼りっぱなしでは、成果を得ることはもちろん、成長することもないとして、教える機会は少なくしていた。

大きな壁に阻まれている時や、苦しい劣勢の場面でも、極力、選手たちに考えさせ、最後の最後にだけ、サポートをして、自分で結果を出す方法を身につかせていた。

自主性によって身についた、本物の実力を武器に戦う、大井監督のスタイルは、日本文理の伝統として、受け継がれていく。  

日本文理の記事はこちら。

【関連】新潟明訓の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です