「一流選手に近づくためには、苦い経験をたくさんすること、素直な気持ちを持つこと」/ 二松学舎大付 市原勝人監督

どんな分野においても、一流な人間は皆、運や才能だけに頼らず、努力に汗を流してきている。

周りが羨むような結果を残しても、世間が認める存在になっても、現状に満足せず、鍛錬に励んでいる。

その原動力となっているものは、苦い経験で得た悔しさや、更なる高みを目指したいなどの素直な気持ちである。

例え、失敗に終わったり、平凡な結果で終わっても、上手く、次なる挑戦へのエネルギーへと、変換しているのだ。

そうした考えから、二松学舎大付属を指揮している、市原勝人監督は、選手たちに、感情のコントロールの大切さを伝えている。

市原監督は、長年の指導者生活で、一流選手たちは皆、自分の意思で努力に励んでいることを、目の当たりにしてきた。

彼らは、ノルマや命令があるわけでもなく、黙々と、自分の課題の克服に向けて、練習に取り組み、挫折や困難にも動じることなく、やるべきことに専念していた。

そうした選手たちのように育って欲しいと、後輩たちにも、前向きに頑張ることや、感情に振り回されない生き方の重要性を学ばせている。

先輩たちが培ってきた、努力の方針を引き継ぎ、二松学舎大付属は、更なる飛躍を遂げるだろう。

二松学舎大付属の記事はこちら。

【関連】帝京高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です