「九つの悪いことより、一つの良いことを言うようにしています」/ 延岡学園 三浦正行監督

スポーツ界には、勝利を求めるためには、厳しさが必要という考えがあり、強豪と称されるチームほど、指導の際には叱責がつきものであり、高校野球も例外ではない。

そんな風潮に逆らう形で、「楽しませて伸ばす」指導を積極的に取り入れているのは、宮崎県の名門、延岡学園を指揮する三浦正行監督である。

延岡学園の記事はこちら。

三浦正行監督の記事はこちら。

三浦監督が監督に就任した際のチームは、野手の技術は高いものの、監督の指示を待ち、怒られることを回避する、消極的なプレーをする選手が大半であった。

そのため、本来の力を発揮出来ずに、最低限のプレーだけを行い、失敗を恐れ、チャンスになっても思い切ったプレーを発揮できず、負けるケースが多かった。

そこで、成長や結果を出す上で、楽しむことが必要であるとい考えを軸に、日々の練習から、楽しめる要素を様々な形で取り入れ、積極的なプレーを発揮できる環境を整えた。

もちろん、全ての指導において、楽しませることを優先するではなく、全力疾走キャッチボールなどの、基本的なことを、しっかりと取り組めていない場合や、怠っていれば厳しく指導している。

しかし、選手たちの楽しむ気持ちをなくさないために、必ず短所や課題だけを指摘せずに、良かった点を評価し、褒めることも行っている。

また、打撃練習においても、ひたすら素振りばかりをさせるのではなく、実践に近い形でスイングさせ、攻撃の楽しさや、打つことの良さを身体で覚えさせている。

そして、試合で練習の力を発揮できず、三振や凡退した選手に対しても怒らず、のびのびプレーし、楽しむことを後押ししている。

何事も楽しませて、チャレンジする背中を押しながら指導を続ける三浦監督と、思い切ったプレーで挑戦を続ける選手たちは、県勢初の全国制覇を目指し、今日も汗を流している。

【関連】坂元亮伍選手の記事はこちら。

【関連】日南学園の記事はこちら。

【関連】宮崎日大の記事はこちら。

【関連】富島高校の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です