「自信と勇気がつけば見違える力を発揮できる、それを引っ張り出すのが監督の仕事」/ 大垣日大 阪口慶三監督

人は誰しも、初めてのことや、苦手なことに取り組む際には、消極的になってしまうものである。

成功のイメージが分からなかったり、失敗の恐怖に怯えて、一歩踏み出すことを躊躇ってしまうからだ。

しかし、チャレンジをしないことには、成果を得ることもなければ、成長することも絶対にない。

そのため、指導者という立場の人は、その背中を押すと同時に、根拠となる力を与える必要がある。

そんな考えから、大垣日大を指揮している、阪口慶三監督は、選手たちに、勇気と自信を与えるようにしている。

阪口監督が就任した当時のチームは、甲子園出場の経験はなかったため、全国レベルのチームを相手にすると、怯えてしまい、本来の力を出せずに敗れるケースが少なくなかった。

そこで、練習では、指導の中で褒めることを増やし、根拠となる自信を与え、試合では、叱らないようにするなど、挑戦の勇気を称えるようにした。

そうすることで、選手たちは積極的にチャレンジするようになり、チームは、全国トップクラスの地位を確立するまでになった。

選手たちの能力だけでなく、意欲も引き出す阪口監督に導かれ、大垣日大は、更なる飛躍を目指す。 

大垣日大の記事はこちら。

【関連】県岐阜商の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です