「最後は根性と執念、能力よりハートです」/大阪偕星学園 山本晳監督

スポーツの世界では、持って生まれた才能を活かしたり、日頃の鍛錬で培った、技術や能力が勝敗に大きな影響を与える。

そのため、日頃の練習では、自分の長所を更に伸ばしたり、課題である部分を補うことに時間を割く。

しかし、どれだけ優れたスキルやスペックを持っていても、それを試合で発揮できなければ、効果はない。

緊張やプレッシャーのある中でも、動じることなく力を発揮できる、メンタルを作る必要もある。

そんな考えから、大阪偕星学園を指揮していた、山本晳監督は、強い気持ちを持つことを促していた。

大阪偕星学園は、全国トップクラスの強豪が集う、激戦の大阪や近畿を勝ち抜かなければ、甲子園の切符を掴めない状況にあり、就任当初は、相手の名前に負けることも少なくなかった。

そこで、日々の練習で、技術や能力を育成するだけでなく、どんな状況や相手にも動じない、鋼のハートを育てることをスタートさせた。

非効率なことも承知で、心を鍛えるための練習を行ったことで、チームは次第に、名門にも臆することがなくなり、試合の厳しい場面も、持っている力を発揮できるようになっていった。

その結果、悲願の甲子園出場を果たすと、全国でも勝ち星を挙げるなどにまで、成長を遂げたのであった。

大阪偕星学園の記事はこちら。

【関連】履正社の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です