「試合はレギュラーだけでなく、部員全員でやるもの」/ 大阪桐蔭 西谷浩一監督

高校野球史上唯一の2度の春夏連覇を記録しているなど、全国トップレベルの実績を残している、大阪桐蔭高校。

そんな大阪桐蔭は、多数のプロ野球選手やスター選手を輩出していることから、世間からは、個人技で勝ち上がるチームとイメージされている。

しかし、西谷浩一監督が掲げているのは、全員野球であり、組織力や団結力というものも、重視している。

大阪桐蔭は、公式戦のないオフシーズンには、一度チームを解体して、個人の力量を高めるスタイルを取り入れている。

一人ひとりの力が高まれば、よりレベルの高いチームになることが期待できるからだ。

だが、シーズンがスタートすると、そこからは一気にチーム野球に専念させ、例えレギュラーであっても、自分勝手なプレーや考え方は認めない。

控えになろうとも、データ班として活動したり、声出しとしてサポートをするなど、全員にチームへ貢献するよう促している。

これは、どれだけ高い能力を持った選手を擁しても、全員が与えられた役割に最善を尽くさなければ、全国では勝てないという考えによるものだ。

個人に頼らずチーム一丸となって勝利を目指す、正真正銘の全員野球を展開する大阪桐蔭は、これからも球史にその名を刻む。

大阪桐蔭の記事はこちら。

【関連】履正社の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です