「置かれた状況の中で一人一人が考え、やるだけのことやろう」/ 履正社 岡田龍生監督

無名の履正社高校を全国の頂点へと導くなど、高校野球界を代表する強豪へと育て上げたのは、岡田龍生監督である。

そんな岡田監督の指導者人生は、栄光を掴むまで試行錯誤の連続であった。

就任当初の岡田監督は、選手時代に猛練習によって甲子園出場を果たした自らの経験を参考に、厳しい練習で鍛え上げていった。

しかし、激戦の大阪や近畿を勝ち抜くためには、指導者主体の練習では乗り越えらなかったことに加え、行き過ぎた指導として処分も受けた。

そこで、選手主体の練習へとスタイルを切り替えたが、今度は全国で勝ちきれない時期が続いた。

決して練習の質が落ちたわけではなかったが、練習時間に制限があり専用の寮もない環境が、大きなハンデとなっていたのだ。

それでも、岡田監督は置かれた状況で最善を尽くすことが結果に繋がるとして、今度は保護者や家族にも協力を要請し、足りない部分をカバーし始めた。

その結果、家庭での食トレや自主練が新たな強みとなり、全国でも勝てるようになると、ついには全国制覇も達成した。

どんな状況でも言い訳を探すのではなく、チャンスやできることを見つけ出す岡田監督の指導を受け、履正社は更なる成長を続ける。

↓岡田龍生監督の記事はこちら↓

履正社の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「置かれた状況の中で一人一人が考え、やるだけのことやろう」/ 履正社 岡田龍生監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です