「ごまかしで結果は出ない」/ 龍谷大平安 原田英彦監督

自身の母校、龍谷大平安を指揮している原田英彦監督は、「指導者」や「教育者」という肩書きに加え、「平安ファン」という3つの顔を持ち、「使命」として職務をまっとうしている。

原田監督は、幼少期から憧れ続けていた平安高校へ入学すると、卒業後も試合がある度に応援へ駆けつけるほど「平安」を愛していた。

そんな気持ちと現役野球時代の実績が評価され、低迷しつつあったチームの復活を託され、33歳という若さで、名門の監督に就任することとなった。

自分の大好きな「平安」が弱くてはいけない、という想いから、ウォーミングアップに1時間を費やしたり、私語を挟めない緊張感を作り練習をさせるなど、厳しく鍛え上げていった。

就任当初は選手との野球に対する温度差もあり、結果はなかなか出ない状態が続き、負ける度にOBやファンから野次を浴びることも少なくなかった。

それでも、「平安」のために、そして後輩である選手たちのために、妥協することなく自らのスタイルを貫いたことで、復活を果たすと、学校史上初のセンバツ制覇も成し遂げた。

時間が経つにつれ、「平安愛」が増していく原田監督は、今以上に「平安」を好きになれるように、現状に満足することなく選手たちを鍛え、カッコイイ「平安」を作っていくのだろう。 

↓原田英彦監督の記事はこちら↓

↓川口知哉選手の記事はこちら↓

↓小寺智也選手の記事はこちら↓

龍谷大平安の記事はこちら。

【関連】京都外大西の記事はこちら。

【関連】京都成章の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です