「中途半端では何をやっても成功しません」/ 星稜 山下智茂監督

何かを成し遂げるためには、準備や課題の克服など、一つひとつ丁寧に向き合って完璧にしておく必要がある。

しかしながら、やるべきことが多すぎたり、やりたくないことを目の前にすると、ついつい手を抜いたり妥協をしがちになる。

だが、中途半端な状態を続けていては、結果が出ないだけでなく、ただただ時間の無駄になってしまう。

そんな考えから、星稜高校を指揮していた山下智茂監督は、徹底することの大切さを伝えていた。

山下監督星稜高校を率いて、記録にも記憶にも残る好ゲームを演じたり数々の成績を残している。

そのため世間からは、野球の技術指導や勝つチームを作るのが上手い指導者として認識されている。

もちろん、野球についての知識は深く、百戦錬磨の名将であったことは確かではあるが、最も力を入れていたのは人間教育であった。

礼儀作法や社会人のマナーなど、グラウンドの内外に関係なく、完璧にできるようになるまで、口酸っぱく指導を続けていた。

中途半端は認めず、細部まで徹底する姿勢を持っていたからこそ、星稜高校は数々の結果を残せたのだろう。 

星稜高校の記事はこちら。

【関連】日本航空石川の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です