「困難なことに遭遇した時、どの方向に向かえば良くなるのか、自ら考えて動いていけるかでその後は変わります」/ 履正社 岡田龍生監督

叶えたい夢や目標へ向かって歩む際には、多かれ少なかれ試練や苦労などがつきものである。

そうした困難を目の前にすると、逃げ出したくなったり諦めたくなってしまうが、乗り越えた先には栄光が待っている。

しかし、栄光を掴むにはどんな状況になっても、可能性を探し出して挑戦をし続けなければならない。

そんな考えから、何事にも言い訳や逃げ口上を並べるのではなく、チャンスを見つけるよう促しているのは、履正社高校を指揮する岡田龍生監督である。

岡田監督は、府内ですら無名であった履正社を鍛え上げ、全国トップクラスの強豪へと育て上げ、幾人ものプロ野球選手を輩出している。

だが、その道のりは険しく、常に困難と背中合わせの指導者生活であった。

実際、熱意のあまり行き過ぎた指導により処分を受けたり、限られた練習環境では上手く力を引き出せなかったりと、指導者生活の序盤は光の当たらない日々が続いていた。

それでも、現実から目を逸らさず努力をし続けたことで、徐々に結構が出始めると、やがて監督の懸命な姿勢に選手たちの心も動かされ、チームはどんどん進化を遂げていった。

可能性がある限り諦めてはいけないということの大切さを学ばせる岡田監督の指導により、履正社はまだまだ躍進を続ける。

履正社高校の記事はこちら。

【関連】PL学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です