「『監督と選手』の前に『一人と一人の人間』」/ 日大三 小倉全由監督

高校野球では、選手たち同士の繋がりは比較的簡単ではあるが、立場の異なる指導者と選手が繋がりを持ったり、信頼関係を築くことは難しいものである。

“「『監督と選手』の前に『一人と一人の人間』」/ 日大三 小倉全由監督” の続きを読む

「選手が父親と慕う熱血監督の元、日本大学第三高校、深い絆で掴んだ2度目の全国制覇です!!」

2011年

第93回全国高等学校野球選手権大会

決勝戦

日大三高 (西東京代表) × 光星学院 (青森県代表)
“「選手が父親と慕う熱血監督の元、日本大学第三高校、深い絆で掴んだ2度目の全国制覇です!!」” の続きを読む

「理論は大切ですが、高校生は心をつかむこと」/ 日大三 小倉全由監督

情報社会の発達や化学の進歩によって、高校野球界にもかつてはなかった練習メニューや、トレーニングなどが導入され、理論に基づいた指導を行う監督は増加傾向にある。

“「理論は大切ですが、高校生は心をつかむこと」/ 日大三 小倉全由監督” の続きを読む

「普段の練習以上のことをやろうとすると失敗する」/ 日大三 近藤一樹選手

2001年の夏の甲子園で、当時の甲子園チーム打率の記録を更新する.427を残し、全国制覇を成し遂げた、日大三高

そんなチームでエースとして、守りの面を支え、優勝に大きく貢献したのが、近藤一樹選手である。

“「普段の練習以上のことをやろうとすると失敗する」/ 日大三 近藤一樹選手” の続きを読む

「良い人生にするのも自分次第で、悪い人生するのも自分次第」/ 日大三 小倉全由監督

都の名門日大三高を率いて、夏の甲子園で2度の全国制覇へ導いた名将、小倉全由監督には、嘘や駆け引きなどの、大人の都合という理屈が存在しない。

試合に負ければ一緒に悔し涙を流し、勝った時には喜びの涙を分かち合い、練習でも寮でも選手たちと同じ目線で過ごしながら、苦楽を共にしてチーム作りをする。

“「良い人生にするのも自分次第で、悪い人生するのも自分次第」/ 日大三 小倉全由監督” の続きを読む

「普通に生きていられて、野球ができることが一番の幸せです」/ 日大三高 山﨑福也選手

2010年のセンバツ大会の決勝で、延長12回の末敗れるも準優勝を果たした東京都の日大三高

そんなチームの投打の中心選手として、投げては全試合に先発し防御率2.55を残し、打っては大会タイ記憶の13安打を放つなど活躍していたのが、山崎福也選手である。

“「普通に生きていられて、野球ができることが一番の幸せです」/ 日大三高 山﨑福也選手” の続きを読む

「優勝旗を返しにいくんじゃなくて奪いにいくんだ」/ 日大三 金子凌也選手

2011年、前評判通りの圧倒的な強さで2度目の夏の全国制覇を成し遂げた名門、日大三高

そんな名門の新チームの主将に任命されたのが、2年生ながら2番打者として打率5割7分1厘を残し優勝に貢献した、金子凌也選手である。

“「優勝旗を返しにいくんじゃなくて奪いにいくんだ」/ 日大三 金子凌也選手” の続きを読む

「精神論も大事ですけど、選手は野球をやりに来ているんですから、野球で育てないと」/ 日大三 小倉全由監督

21世紀に入って夏の甲子園で二度の全国制覇を成し遂げている名門、日大三高

チームを指揮するのは、小倉全由監督である。

“「精神論も大事ですけど、選手は野球をやりに来ているんですから、野球で育てないと」/ 日大三 小倉全由監督” の続きを読む

「方程式がないから、面白いんです」/ 日大三 小倉全由監督

代名詞でもある「強打」を軸に夏の甲子園を二度制覇している、強豪・日大三高

昭和の時代には、センバツ大会での初優勝と二度の準優勝から「春の三高」などとファンからは注目を集めていた。

そんな名門を指揮しているのは、関東一高での采配経験も持つ、名将・小倉全由監督である。

続きを読む