「うまくいかなかったことや失敗したことから何を学ぶのか、それを次にどのように活かすかかが重要」/ 高松商業 長尾健司監督

世間では、結果が重視されることが多いため、少しでも良いものを出すそうと考えてしまう。

同時に、失敗やミスといった、悪い結果は、周囲から笑われたり、評価されないため、マイナスの印象を抱いてしまう。

しかし、悪い結果というものが、必ずしもマイナスになったり、負の遺産になるとは限らない。

悪い現状から何かを学び、改善のための努力をすることで、良い結果に出会っていたら得られなかった、成長や成果を手にすることができる可能性もある。

そんな考えから、高松商業を指揮している長尾健司監督は、結果との付き合い方の大切さを伝えている。

長尾監督が就任した当時のチームは、甲子園から遠ざかっており、周囲からは復活を託されていた。

だが、失敗の経験から学ぶことの方が大きいとして、全てで結果を出そうとは考えず、上手くいかなかった時にも叱らず、次の一歩へ繋がる言葉をかけた。

そうすることで、選手たちは、どんな結果が出ても、プラスにすることができるようになり、チームは、神宮大会の制覇という、最高の形で復活を遂げたのであった。

小さな失敗から多くのことを学び、大きな成果を出させる、長尾監督に導かれ、高松商業は更なる高みを目指す。

高松商業の記事はこちら。

【関連】英明高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 沖縄尚学 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です