「甲子園に行きたいなら、行けるだけの練習をしなさい」/ 天理 中村良二監督

夢を語ることは誰にでも許されている権利であると同時に、傍から見ればバカげたものであっても、堂々と口にすることは決して恥ずかしいものではない。

もちろん、夢を語っただけで叶うほど人生は簡単ではないため、叶えたい場合には、努力や鍛錬に励み力や能力を身につけていかなければならないものである。

しかしながら、努力や鍛錬といったものは、圧倒的な数をこなしたり壮大な時間をかけて取り組んでも、正しくなければ身にならず夢は叶わない。

そんな考えから天理高校を指揮している中村良二監督は、夢を口に出すことの大切さと、夢を叶えるための適切で正しい努力を教えている。

中村監督は、選手時代に一般生として入部するも、地道な鍛錬を重ね3年時には主将として、全国制覇を成し遂げるなどの輝かしい実績を残している。

そこで指導者となった当時から、自身の経験を選手たちに伝えるとともに、高校野球の限られた時間の中で夢を叶えるために、正しいアプローチをするよう促している。

もっとも、選手たち本人にやる気がなければ意味がないとして、無闇に追い込むのではなく、アドバイスや課題克服のヒントを与える程度にとどめている。

甲子園や日本一といった夢へ監督が導くのではなく、指導者はあくまでもサポート役に徹し、選手が主体として活動させる中村監督のスタイルが、天理高校の強くするのだろう。

↓中村良二監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です