「敵は相手ではなく自分たち」/ 桐蔭学園 片桐健一監督

勝負に勝つためには、必ず相手を倒さなければならないため、そのための努力や練習に時間を割くものである。

しかし、相手がどんな強くとも、自分ができることにベストを尽くせば、下馬評を覆して勝利を掴むことはできる。

そのため、相手ばかりを意識するのではなく、プレッシャーのある中でも、本来の力を発揮できるような強い自分を作らなければならない。

そんな考えから、桐蔭学園を指揮している、片桐健一監督は、選手たちに自分に負けないことを求めている。

片桐監督は、辛い時やしんどい時に、選手たちが甘えたり妥協をしないように、声をかけたりサポートを行い、心を鍛えさせている。

しかし、指導者からの言葉や支えでは、乗り切れないこともあるとして、仲間同士で助け合えるようなチームワークを作るようにもしている。

レギュラーや補欠に関係なく役割を与えることで、自分の弱さにより手を抜くことが、チームに悪影響を及ぼすことを学ばせているのだ。

その結果、仲間のためにという想いがモチベーションとなり、強い個人が完成し、試合でも相手や状況に応じることなく、最高のパフォーマンスが発揮できるようになった。

相手に勝つのではなく、自分に勝つことをモットーとする桐蔭学園の野球から、今後も目が離せない。

桐蔭学園の記事はこちら。

【関連】桐光学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です