「厳しさに負けたら終わりや」/ 近江 多賀章仁監督

勝負事では、思い通りの展開になることは少なく、苦戦を強いられたり、逆境に立たされることの方が多い。

特に、高いレベルの相手との戦いでは、苦しい場面が続き、少しの隙も見せられない緊張感がある。

そのため、日々の練習から、辛さを克服したり困難を乗り越えるひど、厳しい状況に慣れておく必要がある。

そんな考えから、近江高校を指揮している多賀章仁監督は、選手たちに上手さより強さを身につけることを求めている。

多賀監督は、滋賀県勢の最高成績となる、夏の甲子園準優勝へと導いた実績に加え、多数のプロ野球選手も育て上げている。

従って、周囲からは技術指導が注目を集めているが、最も拘っているのは、人を育てることである。

野球を通じて、仲間と助け合うことの素晴らしさや、周りに感謝することの大切さを学ばせるなど、野球人の前に一人の人間として一流へと育てるようにしている。

その一環として、冬場を中心に厳しいトレーニングメニューを用意して、肉体だけでなく、心を鍛えさせ、プレーではなく人間性を強化していく。

野球以外の部分も鍛えさせる、多賀監督の指導スタイルで、選手たちは、野球での勝利はもちろん、人生での勝利も掴み取る。

近江高校の記事はこちら。

【関連】彦根東の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です