「甲子園は人生に影響を与える場所」/ 桐蔭学園 片桐健一監督

高校野球を経験する人たちにとって、甲子園球場というものは、憧れや目標となるような特別な存在であると同時に、人生にも大きな影響を及ぼすものでもある。

出場を果たした際にはもちろん、例え出場できなかったとしても、甲子園を目指して努力や練習に汗を流した日々はかけがえのないものになるからだ。

また、野球だけでなく仲間の大切さや感謝の気持ちを持つこと、礼儀作法をみにつけることなど、「甲子園」という言葉が様々なことを学ぶきっかけを作ることもある。

そんな甲子園の素晴らしさを伝えながら、野球と同時に人として成長させるスタイルで指導を行っているのは、桐蔭学園を指揮する片桐健一監督である。

片桐監督は選手時代、甲子園出場の実績を持つが、怪我によって試合には出場できなかった苦しい経験から、試合に出れることへの喜びや感謝を忘れずプレーするよう求めている。

その一方で、試合や甲子園に出場ができなかった選手たちにも、学んだことをその後の人生で活かすことが、それ以上の価値を生むとして、自身の苦い経験も交えながら伝えいる。

選手たちそれぞれに存在する人生という名の甲子園での勝利に向かって、あらゆる面で成長を続ける片桐監督の教え子たちから、今後も目が離せない。

↓片桐健一監督の記事はこちら↓

桐蔭学園の記事はこちら。

【関連】桐光学園の記事はこちら。

【関連】横浜隼人の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です