「効率のいい練習と工夫が必要」/ 富島 浜田登監督

昨今、宮崎県内では強豪校の一角として認識されている、春夏いずれの甲子園にも出場経験のある、富島高校。

かつては、県大会の初戦敗退が続いていたことで、廃部の危機もあったが、短期間で全国レベルのチームへと成長した。

そんな富島高校を指揮しているのは、県内の公立校を甲子園へ導いた実績のある、浜田登監督である。

浜田監督が就任した当時、14季連続で県大会の初戦敗退を喫していたことから、選手が集まることはなく、部の存続すら危ぶまれていた。

そのため、就任時の挨拶で「甲子園」を口にすると、周囲からは失笑され、誰も本気に受け止めていなかった。

だが、浜田監督は、練習の生産性を高めれば、決して高い目標ではないとして、臆することなく、指導をスタートさせた。

根性論や理不尽なものを取り入れず、実践で使えるノウハウを徹底して教え込み、初心者にも、高いレベルの野球を身体に覚えさせるなど、指導にも工夫を凝らした。

また、専門的な知識は外部に委託するなど、全部を一人でせず、効率の良さを優先することも行った。

その結果、就任4年目には、センバツ出場の切符を掴み、5年目には、夏の甲子園出場も果たしたのであった。

富島高校の記事はこちら。

延岡学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です