「コツコツやってきた選手は成果が出る、努力や練習はうそをつかない」/ 東北 富沢清徳監督

夏の甲子園準優勝を筆頭に、数々の実績を残している高校野球界を代表する名門、東北高校

そんなチームを指揮するのは、OBで選手時代に甲子園出場を果たした経験を持つ、富沢清徳監督である。

富沢監督は、長年甲子園から遠ざかっている母校の復活を託されての就任となった。

しかし、新たな技術やスキルを伝授するのではなく、誰もが意識すればできる、基礎基本の徹底を最初の課題とした。

当初は、基礎や基本の反復練習は面白みにかけることから、モチベーションは保ちにくいと考え、長時間行うことはしなかった。

だが、毎日時間をかけてコツコツと努力に励むことが、最も効果が得られるとして、大会前でも基礎基本に時間を割くようにした。

また、野球の技術の成長は、人間的な成長がなくてはならないという持論から、グラウンド外の学校や私生活などにも細かく指導をしている。

このように、野球でもそれ以外でも、簡単なことから徹底させ、「できる」という自信を選手たちに持たせることで、チームは着実に復活へと近づいている。

富沢監督の就任後、横着せずに一歩ずつ確実に成長を続ける東北高校が、甲子園を沸かせてくれる日は近そうだ。

↓富沢清徳監督の記事はこちら↓

東北高校の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です