「やりたい練習をやるのが1番良い」/ 東海大菅生 若林弘泰監督

就任以降、チームの甲子園最高成績を次々に更新し続けている、東海大菅生若林弘泰監督

選手時代に甲子園やプロで活躍した経験をもとにした指導で、全国で勝てるチームへと成長させた。

そんな若林監督は、令和に元号が変わった今でも、昭和のスタイルで指導を行っている。

選手たちを褒めることはほとんどなく、練習だけでなく試合でも厳しい言葉で叱ることも躊躇わない。

だが、決して理不尽や根拠なく怒ることはせず、叱る際には必ず選手たちのためになるようなことを伝えている。

また、全体練習を早めに切り上げ、自主練習の時間を確保することも行っている。

基礎や基本の反復練習や苦手分野の克服は、自身の意志で取り組まなければ効果がないという考えからだ。

そのため、自主練習時にはノルマを課したり必要以上の指導をせず、アドバイスや見守ることに専念している。

こうした厳しさだけで育てるのではなく、自立させて考える力も養わせる若林監督の指導が、東海大菅生の強さを支えているのだろう。

↓若林弘泰監督の記事はこちら↓

東海大菅生の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「やりたい練習をやるのが1番良い」/ 東海大菅生 若林弘泰監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です