「努力してきたことは絶対無駄にならない」/ 鹿児島実 宮下正一監督

伝統と実績を持つ九州屈指の名門校、鹿児島実業を指揮しているOBの宮下正一監督

選手たちを野球人としてだけでなく人間として成長させるスタイルは、球界では有名である。

そんな宮下監督は、自身も選手時代に経験した、心身ともに鍛え上げるメニューを多く取り入れている。

中でも、上半身裸になってトレーニングや基礎練習を行う「裸練」は、真冬でも欠かさず行っている。

周囲からは、「時代遅れ」や「根性論」と批判されることもあり、一時は廃止を検討したこともあった。

しかし、風邪をひかない丈夫な身体になったり、寒さの残る春の甲子園でも動じることなくプレーできたりと、効果が得られている。

また、こうした苦しい練習を乗り越えることで、人として自信を得られるようになるなどのメリットもある。

そのため、選手たちにとってはプラスになるとして、就任以来一度もやめることなく継続している。

成果を出すためではなく、成長のために努力をさせる宮下監督の教えを受け、選手たちは野球だけでなく人としても一流に育っていく。

↓宮下正一監督の記事はこちら↓

鹿児島実業の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です