「生徒のためにいいと思うことを続けていきたい」/ 鶴岡東 佐藤俊監督

教育者は生徒を成長させることが求められているため、持っている力を引き出すことや新たなスキルを身につけさせることなどを、行わなければならない。

しかし、その過程や手段に決まりや正解はないことに加え、指導方法は一人ひとり異なっているため、どれだけ経験を積んでいても難しいものである。

また、昨今は急速に時代の流れや世間の考え方の変化しているため、指導方法も同時にアップデートしていかなければならず、教育者は常に勉強することが必要となる。

そんな考えから鶴岡東を指揮している佐藤俊監督は、特定の指導スタイルを確立するのではなく、周囲の環境や選手の基質を考慮しながら、指導を行っている。

佐藤監督は、「全員野球」というスローガンを掲げ、まとまりを作ることやチームを一つの方向に向かわせることを行っているが、指導方法は個々に合わせている。

自ら考えて動ける選手には、課題の克服のヒントを与えるだけにとどめ、視野が狭くなる選手には、落ち着きを取り戻すためのアドバイスを送るなど、適切な方法を選んでいる。

他にも、生徒の自分勝手な意見やチームのルールを破る場合には厳しく指導をするが、伝統や結果に関係なく、生徒のためになるものは積極的に取り入れている。

選手の意見や周囲の変化を自身の考えとの融合させ、指導のアプローチを変えながらも、注ぐ愛情を減らすことのない佐藤監督から、今後も目が離せない。

↓佐藤俊監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「生徒のためにいいと思うことを続けていきたい」/ 鶴岡東 佐藤俊監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です