「選手の背中を押せる存在でありたい」/ 鶴岡東 佐藤俊監督

挑戦をする際には、成功して手に入れられるものに対する期待や楽しみ以上に、失敗して何かを失ってしまう怖さや不安が勝ってしまうことは多い。

そのため、現状に問題がない場合には、リスクを背負って挑戦することより、平穏でも失敗のない普通の未来や毎日を選んでしまう。

しかし、挑戦した後には例え失敗に終わっても経験という価値が得られたり、後悔というものにも苛まれることもないため、トータルで考えた場合、チャレンジして損はない

そうした考えから、選手たちの挑戦する気持ちを後押しするなどのサポートを行うスタイルで指導を行っているのは、鶴岡東を指揮している佐藤俊監督である。

佐藤監督は、挑戦することの素晴らしさや大切さを伝えるために、試合であっても前向きな失敗は称え、意欲を削がないようにしている。

また、仲間の挑戦を応援したり支えられる存在になることも求め、レギュラーや補欠に関係なく、自分自身にできるサポートの仕方を考えさせている。

佐藤監督や仲間の支えを武器に、チャレンジャー精神を持って挑み続ける鶴岡東の、東北勢初の甲子園制覇に向けての挑戦からも目が離せない。

↓佐藤俊監督の記事はこちら↓

鶴岡東の記事はこちら。

【関連】日大山形の記事はこちら。

【関連】羽黒高校の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です