「相手を中心に考えるのではなく、自分たちのやれることをやろう」/ 鶴岡東 佐藤俊監督

低迷しつつあったチームを復活へと導き、甲子園でも結果を残しているのは、鶴岡東佐藤俊監督である。

そんな佐藤監督は、時に100人を超えることもある部員全員に役割を与え、全員野球で闘うスタイルが持ち味である。

高校野球の大所帯のチームでは、全員が一つとなれば大きな力となるため、誰もがそうした組織を目指す。

しかし、実際にはレギュラー選手と補欠選手のモチベーションの違いから次第に軋轢が生じることもある。

そのため強豪校では、一定以上の実力のある選手だけを選抜して戦ったり、入部の人数に制限を設けるケースが目立つ。

だが佐藤監督は、データ研究や練習の補助、応援団など一人一人に的確に役割を与え、チームとして機能すれば、圧倒的な力になるとして、全員で闘うようにしている。

従って、日々の練習では自らの役割をどれだけ果たせたかや、チームにどのくらい貢献できたかを意識するよう伝えている。

もちろん、試合時にも相手チームのことを意識するのではなく、自チームの機能具合や自らの役割に焦点を当て、プレーや行動をするよう促している。

目の前の仕事にキチンと向き合わせ、選手たちの力を最大限に引き出す佐藤監督に導かれ、鶴岡東はこれからも躍進を続ける。

↓佐藤俊監督の記事はこちら↓

鶴岡東の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です