「野球がうまくなることがすべてでもなければ、甲子園が最終的に目指している場所でもない」/ 至学館 麻王義之監督

多数の名門校や伝統校を筆頭に、毎年激戦を繰り広げる愛知県において、新興勢力として活躍している至学館

チームを指揮しているのは、発想力や思考力を武器としている麻王義之監督である。

至学館は私立高校であるため、世間からは練習環境や選手に恵まれていると認識をされていることが多く、勝って当たり前という声もある。

しかし、野球部の専用グラウンドがなければ、中学時代にトップレベルの成績を残している選手ばかりが入部している訳ではわけではない。

限られた練習環境や与えられた条件で、努力と工夫を重ねたりすることで、甲子園出場などの結果を残しているのだ。

そんな至学館のスタイルを麻王監督は、「思考破壊」と称して、チームの代名詞としている。

そしてこの「思考破壊」は、野球のためだけに使うのではなく、社会に出た際やその後の人生に活かすように伝えている。

これは、高校野球の目標は技術の向上や甲子園であるものの、目的は人として成長することであるという麻王監督の信念によるものである。

野球を通して考える力を身につけさせ、あらゆる面で成長させる麻王監督の指導から、今後も目が離せない。

↓麻王義之監督の記事はこちら↓

至学館の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です