「監督が満足したらもうそこで終わり」/ 宇部鴻城 尾崎公彦監督

思い通りに物事が進んだり、目標を達成すると、誰しも現状に納得したり、自分で自分を褒めたくなってしまう。

しかし、慢心や満足が生まれてしまうと、そこから先の成長はなく、場合によっては、退化してしまう可能性もある。

そのため、得られた結果には素直に喜びながらも、次なるゴールに向けて気持ちを切り替えなければならない。

そうした考えから、宇部鴻城を指揮している尾崎公彦監督は、常に課題を意識し、貪欲にチャレンジを続けている。

尾崎監督が就任した当時の宇部鴻城は、甲子園出場経験はあったものの、全国レベルの強豪ではなかった。

そんなチームの土台を築き、基礎から徹底的に鍛え上げたことで、時間とともに進化を遂げ、県大会では上位進出の常連となった。

だが、チームの歴史を更新し続けていることに満足していれば、甲子園や日本一といったその先の栄光には届かないとして、決して満足をさせなかった。

その姿勢は、甲子園常連となっても変わることなく貫いており、自らも向上心を意識して持ち続けている。

謙虚にひたむきに歩続ける尾崎監督に導かれ、宇部鴻城は更なる飛躍を目指す。 

宇部鴻城の記事はこちら。

【関連】下関国際の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です